【7dtd】探索と螺旋遊撃拠点の建築!【A18】

ゲームが充足し過ぎて辛いです…。

スポンサーリンク

ゾンビサバイバルの日常

A18の7dtdをやってる、楽しいよ。今回の記事は日時がぽんぽん飛ぶのでそこに注意。

探索の楽しさと喜び

7日目ホードも終わったのでまた探索しに行った、前回逃げ帰ったショットガンメサイア!中が見た目通りめちゃくちゃ広くて後から知ったけどティア5の物件だったらしい…そんなところに序盤から行った自分が恐ろしい!

そして画像は焼却炉?から落ちてくる燃え燃えゾンビ、A18では建物の中とかに色々とギミックがあって面白い、これも初回くっそビビったし。

こっちは何もしてないのに突如爆発するゾンビちゃん、おっ楽しそうだな(7dtd脳)

ひーひー言いながらやっとショットガンメサイアの屋上までやってきた、眺めが良くていい感じ…まあ実際はゾンビがひしめき合っているんだけどね。

屋上の更にてっぺんにあるお宝、素晴らしい!いいねこの仕様、A17からなのかな?建物の中に予め戦利品が設置してあるんだよね、これで探索する意味や楽しさが以前よりも倍増しているんだよとっても良い!フレーム積んでお宝だけ回収なんてやり方は僕はしないぜ?

自転車を作ってみた、いい感じ、ゾンビの群れに向かって作った自転車を自慢してるよ。自転車なんだけどバイクと違って当然ガソリンは必要無い、だけど速度はもちろん負ける、そして一番の問題は詰め込める荷物の量…食料と水と抗生物質を積むともうそれだけでかなりスロットが埋まってしまう感じ。

最高に懐かしい場所を発見、この建物というか場所ってA15からあるんだよね、僕が初めて7dtdをプレイして初めて見つけた家を拠点にして次に見つけた場所がこの画像の場所だったんだよね…もう4年も前だ。そのときのプレイの記事も以前はブログにあったんだけど今から見ると今以上にショボい内容の記事だったので消しちゃったんだな…もったいないことしたな。

それにしてもどう見ても世界がこうなる以前の建物には見えないんだよね、世界がゾンビだらけになったときになんとか助け合って生きようとした痕跡なのかもしれない、今はゾンビしか居ないけど。

「GUN」という最高に魅力的な看板を掲げたお店の先の金庫!…そして地雷、これもA15のときと全く同じで若干草生えた、以前の記事にも書いたけど開発者の意地悪さが如実に表現されていると思う。更に金庫の中身は安定のショボい内容で銃は無し、これも全く同じ。

一軒家を探索してた、中にめぼしいものが無くてあぁーつまんねーとか思ってたけど何かおかしい、最初から設置してある戦利品さえ無い…。

そんなわけで再度室内を物色してたら樽の後ろに隠されるように配置された扉を発見した…これは一体…。

扉の奥に更にハッチがあって地下に潜れた、その先にはこんな光景…素晴らしい!こんなふうに何の変哲もない一軒家に想像を掻き立てる更に広大な空間が広がっているんだよね、以前は同じような建物ばかりだったのに素晴らしい進歩だぞ7dtd!この建物は結局軍の秘密基地?っぽかった。

螺旋状に拠点作りとゾンビAIの苦戦

21日目ホードからやっと拠点を作り始めました、コンクリートをせっせと生成してやっと今の時点で完成した。バージョンアップをする度にゾンビのAIが改善されているらしいのでそれを試してみた…住居までの道を一本道にしてそこにトラップを設置してゾンビを迎え撃ちたい!

以前のバージョンだと道があっても柱を殴り始めてアホだったけど新しいバージョンだとちゃんとゾンビが賢く?なって道を通ってこっちに来るらしい、AIの改善はA17をテストプレイしたときにも感じたので今ならもっとゾンビの動きが良くなっているんじゃないか!?

何度かホードで試した結果ちゃんとこの一本道を渡って来るのが分かったので更に通路を伸ばしてみる…螺旋状にぐるぐると伸ばしていけば理屈の上では柱の耐荷重が問題ない範囲ならずっとトラップ地帯をぐるぐるさせられる!?ただ実際はこの後とっても痛い失敗があった。

早くも42日目ホード!まだ特殊ゾンビは少ないけど量がかなり増えてきた感じ、そこで丹精込めて作った我が拠点ですよ!入り口を階段状にしたんだけどいちいちゾンビが飛び跳ねながら上がって面白い、そして下に2枚のブレードトラップを設置してある…ゾンビに壊されやすそうな配置だからまずそうだなと思ってたけど問題はそこじゃなかった…。

階段のその先にブレードトラップ地帯ね、いや~ブレードトラップさん本当に頼りになるわ…A16から変わらない素晴らしい切れ味だ、ゾンビを次々に細切れへと変えていくその姿に毎回惚れ惚れしますわ~…。

とか思ってたら後ろの足場が崩壊した、電気トラップと一緒にコンクリート製の足場が崩壊した…いやいやいやいや…おかしいだろ!トラップがあるとはいえちゃんとゾンビが通れる道を確保しているし鉄筋コンクリート製の柱が少し殴られただけで壊れるはずが無いし…何があった!?

もしかしてゾンビが賢くなりすぎてこのトラップだらけの道じゃなくて柱を殴って壊しちゃおうぜとか判断した…?いやまさかね…そこまで判断して行動したらもうそれゾンビじゃないだろ…とか一瞬で考えていたけどこの状況をどうにかするにはなんとか向こうの拠点側へ一旦逃げないとと思ってそれを実行したんだけど考えてみたらそれをやっても次は住居が崩壊するだけだったな…。

はい足を滑らせてこの有様、まあだけど今書いたように住居側へ苦し紛れに逃げ込んでも今度はそっちの柱が破壊されて崩壊してたかもしれないからここで死んで結果的に良かったかもなぁ…7dtdで死ぬのは前回のテストプレイから2年ぶりの通算26回目です…辛い…。

しかもベッド(リスポーン地点)の設置を忘れていて適当な場所で勝手にリスポーンしてゾンビにリスキルされた…以前のバージョンだとリスポーンするタイミングを任意で選べたのに!流石にどうにもならないのでチートモードをオンにして空飛びながら拠点に帰った…うぅ…。

ボロボロになった拠点に戻って今回の原因を調べていたら分かった、ここですね…何か階段の最初の段が破壊されている…どうもここはブレードトラップや水場、そして土の関係でゾンビが引っかかりやすくて結局ブロックが破壊されてしまったみたい。

そして通り道が消滅したのでゾンビが柱を殴り初めてすぐさま拠点が崩壊と…こういうことですね…うぅ…こんなミスであっという間にゾンビ遊撃プランがおじゃんになってしまうなんて恐ろしいゲームですよ…まあ少しはこの僕の失敗が他のサバイバーの教訓につながったら嬉しい…。

ゾンビがブロックにつまずかないように階段を設置して歩きやすくしました!…なぜこの文明が崩壊した世界でゾンビ相手にバリアフリーを意識した建築をしなくちゃいけないのか僕は7dtd開発者に小一時間問い詰めたい。

この後ブレードトラップも回収しました、この場所のブレードトラップは色々な理由で良くないね…。

またたくさん拠点を増築してどんどんトラップ地帯が長くなってます、ブレードトラップ地帯に電気ビリビリ地帯、そしてダーツトラップに更に鉄製スパイク地帯があります…途中でうまくゾンビが誘導出来なかったりしたけど住居の壁をスチール製に強化したらちゃんと通路を進んでくれた。

それにしても上の画像だけ見てると何かだまし絵の無限階段みたいですねぇ…まあとにかく今もぐるぐる道を伸ばしてます、楽しいよ。さて今回の記事はここで終了、次の7dtd記事を書くか分からないけど7dtdはまだ続ける予定です。