7 Days To Die 39日目

このバージョンで7DTDをプレイしてから明らかに支援物資をゲット出来る確率が減ってしまった、そのせいで感染がより恐ろしい病気になった。なぜ支援物資が手に入りにくくなったかと言えば簡単で遠くにある支援物資の箱が表示されなくなったから、どういうことかというと前のバージョンをやっていたときはバグなのか仕様なのか分からないけど遠目だと支援物資だけが浮き上がって見えたんだけどこのバージョンにしてからそれが起こりにくくなった…この現象は僕の環境だけなのもしれないけどとにかくそうなった。

a15になってから遠景の描写が劇的に改善して綺麗になったけどそのせいで支援物資の表示も正しくなったんだと思う、良いこともあれば悪いこともあったみたいですね。

どうにかして支援物資を手に入れられないかと調べたらゲームの設定で支援物資をマップに表示する事が出来るらしい、そんな便利な機能があったならもっと早く利用していればよかった。ゲーム開始前の設定でmark air dropの設定をONにするだけみたい、早速ゲームをやってみると…

何やらマップに表示されてますね…。

実際に行ってみるとあっさりとと箱が見つかった、今まで必死に支援物資を探してたのは一体なんだったのかと思うくらいあっさりと見つかりました。

二つ目の支援物資もゲット!拍子抜けするくらい簡単に支援物資が手に入ったこりゃ便利です、しかも中に抗生物質、これで感染もしばらくは怖くない。

これだけ簡単に支援物資が見つかってしまうとゲームバランス的にどうなんだろうと考えてしまうけどまあ今はそのままこの機能を使ってみようと思う、このゲームは簡単にワールド設定を変えられるから変えたくなったら変えればいい話だしね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク