【気になるゲームメモ】 Wargrooveっていうシミュ系とkenshiについて

気になるゲームを適当にメモ、いつもみたいに適当にメモ。

スポンサーリンク

ストラテジーって言葉に未だに慣れない

最近このブログはrimworld専門ブログとかしてきたけどたまには他のゲームもプレイしたくなった、以前から気になってきたゲームがあったので適当にメモっていく、面白いゲームがありすぎるってのもある意味大変なんだよね。

古き良きターン制シミュレーションゲーム

ドット絵で描かれたターン制シミュレーションRPGっぽいゲーム、Wargroove(ウォーグルーヴ)というゲームです。昔ながらのターン制のシミュレーションゲームでパッと見た感じファイアーエンブレムにそっくり、良いねぇ面白そう。僕はファミコンウォーズとかフロントミッションとかシミュレーションゲームが大好きなので一目でこのゲームに興味を持った、というかプレイする前からこのゲーム気に入るなって自分で分かる。

それにしてもなんでこんなにドット絵って魅力的なんでしょうね、僕がここ数年でプレイしたドット絵で描かれているゲームってStardew ValleyやMoonlighterがあるんだけどそれらと同じようにWargrooveにもワクワクする感じがある。僕はスーパーファミコンのゲームをリアルタイムでプレイしたギリギリの世代なんだけどそれでもドット絵ってすごく魅力的なんですよね、今じゃ実写と殆ど見分けがつかないレベルの3Dゲームがプレイ出来るのにそれでもドット絵に美しさやワクワク感を感じる。

ひたすら過酷なkenshiというゲーム

以前からずっとアーリーアクセスだったkenshiというゲームなんですが最近やっと正式版として発売されました、やったね!

このkenshiなんだけど今書いたように以前から知ってました、ストアページにアクセスするとrimworldと7dtdも表示されてああこの2つのゲームを好んでプレイする僕ならkenshiも気にいるんだなって思った。だけどシステム面では面白そうでもグラフィックが…具体的にはやたらテカテカした荒野の地面のテクスチャとかFallout3を思い起こす生々しい顔グラのキャラクターとかどうも好きになれずに結局買わなかった。

だけど去年辺りからかなニコニコ動画の某所でこの動画をプレイした動画が流行ってそれでkenshiが気になってきた、だけどそれでもプレイ動画を見てればきりたんも可愛いし満足って感じだった。そして最近更にニコニコ動画の某所で空前のkenshi動画ブームが発生した、この世の終わりみたいな論理感のバカネクタイややひたすら弱者として強者から理不尽な暴力を受ける先輩、そして化け物みたいなBBしかないけど優しく真面目に生きる姉貴なんかも居てこのゲームの自由度の高さを物語っていると思う、面白そう!

ただ気になるのがkenshiの価格…アーリーアクセス時代は確か僕の記憶では1000円ちょっとで買えた気がするんだけど今は3500円だと…!?あぁ…安いときに買っておけば良かった…散々自分で言ったじゃないかSteamではセール時気になったゲームがあったら買っておけってSteamでは積みゲーを集めるのもゲームの1つだって…大失敗だよ。

まあそんなわけで気になるゲームのメモはこれで終了、今はrimworldをプレイしているからこのまましばらくはrimworldをやるけどそのうち上に書いたゲームをプレイするかも、だけどkenshiはグラフィックの割にすごく重たいゲームらしいからもしかしたら僕のパソコンではまともに動かないかもな…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする