【kenshi】奴隷商を殲滅しようとしたら悪堕ちしてた

相変わらずkenshiプレイしてます、面白いんだけどちょっと時間かかりすぎるゲーム。

スポンサーリンク

理想と現実について

kenshiプレイしているですよ、kenshi、まだ数週間しかプレイしてないのにかなり長い期間プレイしている気分になってる。前回の記事からまたかなりプレイして仲間の数の倍増して拠点も築いた、そして奴隷商に喧嘩売ったらもう大変なことになった、そんな話。

拠点作りと敵拠点の襲撃、そして悪堕ち

前回の記事でも書いたけど古代の科学書とか重要そうなアイテムを手に入れても今の時点で使いみちが無くてどうも嬉しくなくてモヤモヤした気持ちになっていた、そんなわけで自分の拠点を作ることに、もっと早く作れば良かった。そこで拠点をどの場所に作るか考えたんだけどふと思いついた、ガットってところに拠点を作ろう!

いやニコニコ動画とかにあるkenshi動画を見ていると結構「初心者におすすめの拠点はガット!」ってコメントが流れてくる、なぜそんなにおすすめ拠点のコメントが流れてくるかと想像すればそれはもうマイナーゲームプレイヤー特有の初心者に対する優しさ親切心でしょうねぇ…そんなわけでガットに来た。

kenshi初拠点はガットで建築すると決めて実際に建築始めたんだけどもう敵が強い!首が長い恐竜みたいな敵がうじゃうじゃ居る!初心者におすすめ拠点はガット!(迫真)

簡単な建築もままならないので仕方ないので傭兵を雇って守ってもらった、たった数千キャットで命を張って守ってくれる傭兵達マジで感謝感激、圧倒的お得感をカンディル…。

そしてどうにかこうにか簡単な拠点が完成した、これから本格的に農業やってブロック栄養食を量産してやるぞー^^ それと鉄も採掘して武器や防具も作って拠点メンバーに配ろう…つよつよ拠点を築くんだ…うはー夢がひろがりんぐ。

くそムカつく税金徴収イベント、こちらを露骨に馬鹿にしながら金をせびってくる。もう初めてやって来たときはそりゃあもう驚きましたよ、だってガットを開拓して拠点を作ってるんだぜ!?こんな危険な場所にもちろん他に街も村も無いしそんなところを切り開いて拠点作ってるさなかやってきやがった、マジムカつく…更に書くと税金は都市連合とトレイダーズギルドの2つからダブル徴収される。

そんなわけでグレートデザート地方のトレイダーズギルドの?奴隷施設を襲撃することに、以前から仲間を奴隷にされたりで奴隷商へのヘイトがマックスな状態だったので意気揚々と強制労働施設を襲撃した、結果ボロボロになりながらも強制労働施設の侍共を全員斬り伏せたぞ!己の成長を感じる…。

ただここで働かされてた奴隷たちはどうなるんだろうか…だって外は奴隷狩りやらスキマーやらうじゃうじゃ居てご飯も自分で手に入れなきゃだしね、まあゲームの中だしただ自己満足なんだ勝手に外でも頑張って生きてくれ!後は知らん!

トレイダーズギルドに宣戦布告して自己満足的に奴隷を開放して気分が良かったところに拠点へ襲撃が来た、ホーリーネーションとも敵対しているんだけどその襲撃。もう襲撃の数が恐ろしいことになっていて現在の拠点組は手も足も出なくて絶望した、仕方ないので拠点の奥へ隠れて震えて遠征組の帰りを待った。

今書いたとおりトレイダーズギルドへ攻撃を開始したんだけどホーリーネーションとも敵対状態でもう大変、これからのプレイはひたすら拠点の防御力を上げて更に他勢力に喧嘩を売っていくプレイになっていきます!

拠点を今出来る範囲で強化してみた、というか強力な敵が次から次へと押し寄せてくるから是が非でも拠点を強化せざる負えない。門の隣に塔を建ててその上にハープーン砲台を4門設置して非常にいい感じ!いや~rimWorldでタレット置いてキルゾーン作ってる気分、楽しい…やっぱり拠点作りが好きなんすねぇ。

拠点防衛の要であるハープーン砲台手のハイブ四人衆、正確な射撃で敵野盗の手足を1発でもぎもぎフルーツにしていく恐ろしい奴ら、頼りになるに彼ら?のハープーン射撃で敵に矢を突うずる突っ込んでいくところは気が狂うほど見ていて気持ちが良い!

テングの大金庫とやらを襲撃して都市連合とも敵対してしまった、都市連合は例の税金徴収イベントのせいでムカついていたとはいえホーリーネーションと同じく強大すぎるやつらに喧嘩売ってしまった、しかも拠点の地元が都市連合地域っていう。

更に都市連合領の街を襲撃してたらうっかりテックハンターとも敵対してしまってまあ大変、いやはじめから大変で更に大変なことになった、もう味方どころか中立のやつらも見当たらない!

あまりにも周りが敵だらけだし拠点強化にも疲れてうっかり南方の皮剥ぎ盗賊と同盟関係を結んでしまった、もうくつろぐ皮剥ぎ盗賊との画像がこの世の終わりって感じ、いくらこの世界でも孤独感を感じたからってこいつらと同盟を結ぶってどういう思考回路してんだ…我ながら…。

皮剥ぎ盗賊のリーダーから失敬したピーラーマシンを早速使ってみる鬼畜、いやこの後すぐに開放してあげたからね?ただちょっと試してみただけだから!…いやそれにしてもこの恐ろしい道具が普通に使えるkenshiが恐ろしい。

それにしてもさ、最初は一応自己満足とはいえ奴隷開放ってプレイしてたんだよね、そしてトレイダーズギルドや都市連合にテックハンターとも敵対してしまった、敵勢力の街を襲撃してあらゆるものを奪っていくまるで盗賊のようなことをしている…どうしてこうなった!?

最初に理想を掲げて戦いを始めたのにどんどん堕落していっていつの間にか悪に染まっているっていうのはある意味恐ろしさを感じる程リアルだなと思った、なぜ最初は善人だったはずなのに今はピーラーマシンで遊んでるんだい?

ちょっとkenshiメモ

FalloutやTESでもそうだけど自由度が高いゲームを初めてプレイするときは必ず最初は善人プレイで行ってる、最初にこんなロールプレイをするって決める訳じゃないけど漠然と悪いことは極力しないようにしようって思う、kenshiもそう。

それなのに今書いたように今では敵対勢力とはいえ盗賊まがいのことをやってる、ゲーム内でもう200日以上経ったけど最初の頃飢えた野盗1人にボコボコにされた事が何世紀も前のことみたい、今は都市連合相手の重装備の侍も倒せる。

ただ良いこともある!最近反奴隷組織に反ホーリーネーション組織と同盟関係を結んだ、これなら都市連合やトレイダーズギルドと戦う大義名分も獲得出来て仲間も出来る!これは素晴らしい、道を大きく踏み間違えたけど修正出来る!?う~ん…kenshi面白いな…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする