【rimworld 海氷】プレイ その1 氷の上で人は生活しちゃいけないと思った

前回のプレイで宇宙船を飛ばしたのでそろそろ次のゲームに…っていうのは嘘でまだまだrimworldをプレイしたいので新しい場所に降り立って新しいサバイバルを開始してみましたよ、今回選んだ場所は「海氷」です、ものすごい高難易度の地域だって聞いたので前から興味があったので怖いもの見たさ的にちょっとプレイしてみます。

スポンサーリンク

rimworldの本物の地獄は海氷にあった…

早速始めます、まず始まりの入植者を選びますがとりあえず1人ぼっちだけど装備に恵まれた入植者ってのを選びます、具体的にどうしたらクリアって決めたわけじゃないけどとりあえずこの始まりの1人が生き残ってれば良いって感じですかね。

能力ですがEbBを使ってかなりいじりました、スキルは全体的に高くして特に医療ははじめから「10」にして炎マークもつけといた、まだプレイしてないけどこれから海氷で生き残ることを考えたらこのくらいのスキルはあってもいいはず。

そしてスキルよりも重要な入植者の性格ですが「サイコパス」「流血嗜好者」「超免疫力」の3つにしました、まずサイコパスなんですがこれで人を解体して肉と皮にする行為が問題なく出来るようになります、そしてこの始まりの入植者1人だけ生き残れればいいって考えでプレイヤーはプレイしているんで仲間に加わった他の入植者を始末するときもサイコパス性格は絶対に必要になる…そう思いました!そして流血嗜好者、これは敵を殺したりするとムードが良くなるっていう属性です…これで酷い土地でも精神崩壊せずに生きられるのでは…!?と思ってます。そして最後に超免疫力、新しい属性で病気が治りやすくなるらしい、たった1人で生きていくから病気で動けなくなるのは非常に怖くて理不尽だからこの属性もつけてみました。

説明が長くなりましたがとにかく始めますよ!ここが海氷です…文字通り海の氷…海が凍っているのでそこに降り立つわけですね…いや無理があるだろ!どんな恐ろしいところか期待と不安が半分ずつありますねぇ!周りに友好的な派閥も敵対的な派閥も全くないまさに1人ぼっちです…氷の上だけどイメージとしては大海原で1人筏で漂流している感じかな…?

それとストーリーテラーはランディさんにしました、今までカサンドラおばさんお姉さんしか選んだことなかったけどいい機会だから別の人を選んでみた、難易度はまずノーマルで安定してきたら最高にする予定。

さあいよいよ新しい入植地に降り立ったよ!そして入植者の容姿なんだけど海氷の寒い土地なのであえて褐色肌と黒髪にしてみました!真っ白の銀世界と褐色肌の対比がセクシー…エロいッ!ってなるかなと思って…いやそんなことはいいんだよ今は海氷がどんなところか確認しないとね…。

なんもない

いやマジでなんもない…見間違いかと思ってマップの隅々まで見たけど本当にガチでなんもない…初期アイテム以外完璧になにもない、木1本どころか岩の塊さえ1つも落ちてない…なんだよここ…どうやって生きていけばいいのかビジョンさえ浮かばないんだけど…。

とりあえず一刻も早く住居を作らないと凍死してしまうのでまず住居を作ります、ただ今書いたように木も1本も生えてなくて岩の塊も無いからもうこれは仕方ないので初期アイテムのスチールを使って壁を作っていきます…。スチールは今更ながらrimworldでも特に重要な資源なので壁の使うなんて普通なら論外なんですよね、しかもなぜかスチール製の壁って脆いし…でも他に壁を作るための素材が全く無いのでもうこれしか選択肢が無いんですよぉ!

なんとか住居を作って風力発電機を作ってストーブも作れました…だけどこれでスチールを早くも使い切っちゃった…夜になると風が止んでしまってそうかバッテリーが必要だなと思ったときにはもう終わってた、そして部屋を広く作りすぎてストーブ1個じゃこの極寒の土地の寒さに負けてしまう!こりゃあ駄目だ早くも最初のセーブデータからやり直しました、開始10分も経たずにゲームオーバーですよ!

次は部屋を二回りほど小さくしてみました、すっごく狭いけどこれで部屋も温まりやすくなってスチールも節約できました…なので次に進むために研究台を作ろうとしたんです…研究して早く溶鉱炉と水耕栽培を出来るようにならないといけないっていうのはなんとなく感で分かったので…でもやっぱり素材不足で研究台作れず!ドロップポッドの残骸とか溶鉱炉で溶かせばスチールになるものはあるんだけどその溶鉱炉を作れない!

なんとかこの状態を打開出来ないかと思いつつとりあえず普通に生活してみました、もしかしたら運良くキャラバンとかがやってきてくれるかもしれないですからね…シルバーはあるからそれでスチールとか木材を買えれば活路が開ける!

入植者は1人しか居ないので頻繁に新入植者加入イベントが起こります、画像の入植者も敵に追われてやってきました、敵は仲良く皆解体されてお肉と皮になりましたとさめでたしめでたし…それにしても1つの焚き火を2人で囲ってなんか仲良さそうでしょ?実際はヤバくなったら弾除けに使われて娯楽目的に殺されちゃったりするんだけどね!さっきも書いたけどはじめの入植者以外はみんな使い捨ての踏み台っていう考えでプレイしているので。

はじめからある非常食を食べつつなんとか生きてたんですけど病気で倒れてあっさり終わってしまいました、入植地1人しかいないからベッドに運んで看病してくれる人さえいない…最初にペットはいたけど食糧事情を考えたら最初に殺処分するしかないからね。

気温マイナス60度からの襲撃→死の灰→機械化病→緊張性衰弱のサイテーなコンボが決まって終わってしまいました、死に体の状態で更に追い打ちをかけるのはNG、また最初からやり直します…。

シルバーの壁を作りつつ生き残る

何度も何度も試行錯誤を繰り返してやっとのことでこの状況まで持っていきました!住居も作れて溶鉱炉も出来たのでこれで定期的にスチールを入手出来ます!今までのプレイではずっと住居や発電機は作れたけど研究台を作るための素材が無くて積み状態ってのを繰り返してたので思い切ってシルバーで住居を作ってみたけど僕の場合はそれがうまく行きました。

シルバーはrimworld世界での通貨なんですけどシルバーで物を交換するのなんてまだまだ先になると思ったのでだったら壁とか扉にシルバー使ってしまえ!と思いシルバーを材料に住居を作ったんです、そのおかげで木材もスチールもほとんど消費せずに済んだので溶鉱炉とか食肉加工台も問題なく作れた、キツイけど今悪くない状態です多分。

食肉加工台から人を解体して皮を手に入れれば服が作れるのでそれで防寒具も作れるし余ったのは高値で売れます、やっと少し生活の見通しがついた感じですかね。

石材とかが降ってきたりしたので住居を拡大しました…つか物が溢れかえって辛い、足の踏み場もない状態とはまさにこのことですねぇ…さっさと必要ないものは売り飛ばしたいんだけど商船なかなか来てくれないし寒すぎるとキャラバンを呼ぶことも出来ないのでどうにもならないです。

そして犬と猫がそれぞれコロニーの仲間に加わりました、入植者が1人しか居ないのでこの手のイベントは次から次へと起こるんですよねさっきも書いたけど。猫の方はさっさとお肉にしちゃいましたけど犬はこのまま飼って調教するつもりです、なにせ作業できる入植者が1人しかいないから忙しすぎるので運搬を犬に任せたい、そしてさっきみたいに病気とか怪我でダウンしてしまったらとりあえずベッドに運んでくれるようにしたいですね、そしてヒトの肉もあるし餌はそれでいいしね。

水耕栽培器完成!やっとここまで来ましたよ~!これで米をかなりのペースで栽培出来るのでとりあえず今ある食料と合わせてしばらくは入植者1人が食べる分は困らないはず!そして太陽灯も作れたので室内が明るくなって見やすくなったので良いです…だけどやっぱり問題も。

そう太陽灯、消費電力です…太陽灯は消費電力がもうとんでもないことになるので通常のコロニーでも点灯して使っていくのが大変なんですがなにせここは海氷、更に電力事情がシビア!もっと風力発電や太陽光発電で発電しないと…。

更にプレイしてこんな感じになりました、水耕栽培器も増えたけど発電機も増えたから問題なし、こんな場所だけどかなり安定してきたのが自分でも分かって嬉しい。そして一応一時的な仲間のためにベッドも作りました、どうせすぐに弾除けに使ったりペットの餌になったりするけどまあそれまでに精神衰弱とかで支持効かなくなると困るから一応ね?

タレットも作れたし防衛面でもまあなんとかなってます、海氷にしては発展してきたとはいえ入植者は常に1人か2人で少人数なので襲撃の人数もたかがしれてるので対処できてます。問題はメカノイドの方なんですよねぇ…気温が低下してくるとメカノイドしか襲撃しなくなるんですよ…射程も長いのでタレットは使えないので壁からちょこちょこ狙い撃ちしてなんとか倒してます。

メカノイドを倒すと運が良ければメカノイドの装備を入手出来るんだけどそうなるとコロニーの資産価値が上がって襲撃の激しさが上がってしまうのが悩みどころ、入植者を増やしてコロニーの防衛力を上げる方法が出来ないからどうするか悩み中。

それと入植者のムードなんですけどこれが意外と海氷プレイ中ほとんど気にする必要が無いくらい安定してるんですね、最初に書いたとおりこの入植者には「流血嗜好者」の性格がついているので敵を殺害したりすると一気にムードが良くなるんですよ、ガチでやべーやつだけどプレイヤーとしてはこれ以上無く海氷プレイに合ってて便利です!

仲間の入植者が勝手に加入したらとりあえず一緒に生活して敵が襲撃したらナイフ一本持たせて突撃させて的にさせて一応仲間の入植者と一緒に蜂の巣にすると…そして敵を倒して戦利品を入手してムードも良くなってペット用の餌も手に入る…この一連の作業を繰り返してます。

それにしても流血嗜好者の性格がつくと敵を殺すと娯楽扱いになるんですね初めて知った、殺人が娯楽扱いの狂人が住んでいるコロニーを襲撃する蛮族達もなにか必死なんだなと思う、わざわざこんなところまで襲撃しに来なくてもと思ったけど相手もわざわざこんなところに住まなくてもって思ってるだろうねぇ。

コロニーに基本的に1人の入植者しかいないので仕事が終わることが全くないので掃除も当然後回しになってしまいます、気にしない人は気にしないんだろうけど個人的に住居以外も汚れていると気になるのでしっかり入念にコロニー内をお掃除して気分がいい…と思ってたら竜巻が発生した…なぜこのタイミングなんだ。

ペット用の餌のヒトの肉とそれを食べているペットの犬をまず竜巻が襲い続いて倉庫として利用している場所を荒らしまくっていった…ただ幸いにも発電機やミシン台みたいなものは破壊されなかったからまあ不幸中の幸いってやつですかね、ペットの片肺と鼻先も持ってかれたけどまあ耐えられる…それにしても海氷で竜巻ってどうなってんだろうゲリラ豪雨も降るしここの気象はおかしい…(小声)

海氷でプレイしてみた感想

いやー噂に違わぬ凄まじい地域でしたね~…これから砂漠でまたrimworldをプレイするつもりだけど多分砂漠が天国に見えるくらい酷い地域でしたよ。まだプレイを続けようと思えば続けられるんですけど正直言わせてもらうとプレイしていてあんまり楽しくないので海氷はもういいかな…いや何が海氷プレイで辛いってやることが少ないんですよ…プレイヤー自身が何もやることがない時間が続くんですよゲームをやってるのに…これが海氷プレイで一番辛いかも。

海氷プレイ中は暇になることが多いのでスマホでソシャゲをプレイしながらrimworldしてたりしました、ゲーム中に他のゲームをプレイするってのは噂には聞いたことがあるけど自分でするのは初めて、そのくらい暇な時間が続くときは続くんです。あっそれと海氷プレイ中にrimworld内のアラート等を読み上げてくれるように出来るMODってのを導入したんですけどそのMODが非常に便利でした、スマホでゲームしつつ襲撃とかが起こったらそれを読み上げてくれるんですよめちゃ便利でなんかすごいしおすすめのMODです、調べればすぐに出てくると思います。

まあとにかく海氷地域でのrimworldはもういいや、ただ未だにrimworldには飽きてないからまだrimworldはプレイしますよ~次は砂漠がいいなやっぱり、MODをもっとモリモリ入れてプレイしたいよ~。