【rimworld1.0】コロニー建築、未だ全く終わらず!【リムワールド】

前回ブログにrimworldの事を書いたのはもう半月も前、いや放置してたんじゃなくてタイミングが測れなかったです。今プレイしているrimworldのコロニーが完成したらブログの記事を書こうと思ってたんですけどコロニー建築が終わらなくてね…もう1ヶ月以上現在のコロニー運営をしているけど未だに色々と終わらない!どっから書くかなぁ…。

スポンサーリンク

今日もrimworldやってる

電力的な問題で増やせなかった水耕栽培器を増やした、これで米以外を栽培する余裕が出てきた。極限の砂漠で野生動物がほぼ全く居ないのでVGで追加した赤レンズ豆を栽培する、赤レンズ豆は肉として利用出来て便利です。

VGで色々な野菜や料理を追加したので他の料理も作ってみたいだけど色々と余裕が無かったのでしてなかった、そろそろ追加した料理を作ってもいいな様々な良い効果もあるし。

以前ドラッグや薬を作成する部屋でそのままドラッグの原料やヒールルートを育てたいって書いたけどそれを実行してみました、収穫できるようになったらすぐに収穫して近くの冷蔵庫に保管してドラッグや薬を生成出来ます…いい感じでとっても満足。

第二娯楽室、もともとあった娯楽室は流れ的に廊下がそのまま娯楽室になってしまったけど今回はちゃんと娯楽室として作ったよ。床は高品質の絨毯でシャンデリアも設置してあって非常に美しくて入植者達もご満悦。

そしてMODで追加した新しい娯楽のゲーム機も設置してある、色々な種類のゲームがあって入植者達も楽しめるはず…ゲームの中でゲームをプレイする入植者を見てるとこっちも楽しくなる。

医務室も完成、ちゃんと抗菌タイルを床に張ってバイタルモニターも設置済み、重症を負った入植者が自分でトイレやシャワーを浴びやすくするために医務室内にシャワーやトイレも作りました。

娯楽としてテレビも設置できたし悪くないね、ただ医務室が狭くてもうちょっと広くしたい、将来的にいつか広く改築するかもしれない。

独居房ね、以前の記事でも書いた囚人を用いた狂気の栽培は失敗に終わったので普通の独居房を作りました、なんの面白みも無いけどまあ奴隷の確保は重要だからこんなもんでいいでしょう。

それにしてもコロニーが巨大になりすぎてキルゾーンから独居房まで遠くて奴隷を確保しようとしても治療前に死んでしまうことが多くて困る、医薬品なんて使わずにそのまま治療してしまったほうが結果的に良かったりするのかな。

囚人といえば新しい入植者が加入しました、たまに発生する有無を言わさず勝手にコロニーに加わるやつです。どんなやつが来たのか確認したら放火魔持ちだった…そしてイイ人性格も持っている…ちょっとこいつこそ本物のサイコパスなんじゃないの!?

放火魔なんで事故でお亡くなりになってもらおうと思ったんだけどよく見てみたら名前が「pyro」だった、放火魔で名前がpyroって狙いすぎだろ本当に偶然なのか疑うレベル。放火魔で危険だけど名前とマッチしすぎてたので加入を許可しました、運搬専用の入植者でいいかな。

恋人が結婚して夫婦になりました、これで始まりの3人の入植者が2人結婚しました、おめでたいね。極限の砂漠でさこの世の地獄みたいな環境なんだけどそれでも頑張って生きていって将来に希望を持てるくらいの環境に出来たんだなって嬉しくなった、住めば都っていう言葉があるけど入植者達の血の滲むような努力のおかげでここが都になったんだなって。

襲撃の規模が極限まで達する

さてここからは襲撃のお話です、もうねヤバイんだよ襲撃の勢いが!もう本当に100%殺意しか無いんだよ襲撃が!画像は宙族の襲撃なんだけどロケット持ちが7人も8人も居て脅威の一言、まじで一体どうすればいいのか途方にくれる、なんか画像がこの世の終わりみたいな状況なんですが大丈夫なんですかね…。

僕は基本的にrimworldは永住することが多いので長くプレイすればするほど襲撃がどんどん厳しくなっていく、現在の襲撃の規模はなんか極まっている感じがする、敵が襲撃してくると恐ろしく重くなってものすごくプレイしづらい。

まあそれでもなんとか襲撃を捌きつつコロニー運営を続けてます、画像は解体する人間の死体や虫の死骸を置いておく専用の冷蔵庫なんだけど見ての通りパンパンな状態、中は地獄絵図。人間の皮はなぜか高く売れるので服を作るためにも絶対に確保しておきたい、このコロニーをまだまだ発展させたいのでもう資産価値がどうとか考えても意味ないです。

因みに画像のエリアなんだけどコロニー東側でペットや家畜がメインのエリアです、ペット用の肉や牧草を育ててるんだけどここも作業効率を考えてそれぞれの物を近くに置いたり作ったりしてます、ここのエリアについてはまた今度書く予定です。

そのペットや家畜用のエリアに敵が降下してきた、信じがたいことにドロップポットの中身は機械化ムカデ…降下襲撃で機械化ムカデが落ちてきたのって初めてだよ…なんか襲撃の規模が極限まで極まってきた感じがあるな(さっき書いた) ヤヴァイ!

狭いコロニー内なので当然銃は使いにくいので近接特化入植者とペットのワーグを主体に応戦していきます、やっぱり降下襲撃にはペットを使うのってすごくいいやり方だと思う、こんな状況でもなんとか切り抜けました…だけどワーグが3頭と大量の負傷者は出したけど。

襲撃ヤヴァイのでキルゾーンを改良、もともとあった外壁の外に更に外壁を建築してキルゾーンを大幅に広げました、それぞれ西側と東側でトラップの種類が違ってます。西側が焼夷弾IEDトラップエリアで人間とか生身の敵を相手にするととき用、そして東側がデットフォール…今はスパイクトラップって言うんだっけ?とにかくそれを設置してあります、こっちはメカノイドとか火が有効じゃない敵用です。

それぞれドアを作成してあるので片方を閉じれば誘導したい方に敵を誘導できるはずなんだけど問題はコロニーが巨大になりすぎて遠いってことなんですねぇ…物置エリアとかにもドアを作ってもいいんだけどコロニーの脆弱な箇所はなるべく作りたくない。まあ色々とキルゾーンを改良しても降下襲撃が発生したらみんな意味ないんだけどね…。

再度メカノイド入りドロップポット降下、あっという間に平和なコロニーが阿鼻叫喚の地獄絵図。近接特化入植者とペットがメインに応戦してEMP手榴弾持ちとガトリング銃持ちが援護します…EMP手榴弾の方はともかくガトリング銃の方は仲間にも流れ弾がびゅんびゅん飛んていくんだけどそんなこと気にしてたら機械化ムカデを倒せないから強引にでもダメージを与えに行きます…。

丁度キルゾーンの裏側に落ちてきたこともあって辛うじて倒せたけどたくさんの被害があった、たくさんワーグが死んでしまったし1頭しか居なかったゾウも死んでしまった…そして入植者1人も死亡!

入植者が死んでしまったので以前手に入れていたリザレクトシーラムを使用してみる、遺体が腐ってなければ蘇生出来るすごいアイテムなんだけど死んだ入植者に使ってみたらちゃんと生き返った!しばらく体調が悪かったみたいでベッドで寝込んでたけどそれでも後遺症も無く生き返ってすごい!…使わないけどこれって動物にでも使えるのかな、いやスランボあたりが仲間になったら使うのも十分アリか。

汚染された船が降ってきたので迫撃砲で遠距離から攻撃してたらなんか同盟関係の派閥の人達が援軍にやってきてくれた、別に援軍を通信機から呼んだりもしてないです。なにかと思って考えてみたらそいえば今ドロップポット事故で救助した1人が医務室に居るのを忘れてた、多分仲間が救助されたコロニーが襲われているから助けにきてくれたみたい、有り難い!

助けてに来てくれたこともあってちゃんとメカノイドを撃破出来ました、まあ正直迫撃砲だけで対処できたし逆に被害が増えた気がするけど今回の戦闘でまた負傷者が出てその人達も救助して結果的にすごく友好度が上がった、ロールプレイ的にも良いし面白いシステムだと思う。

それにしても通信機から援軍を要請するのって未だに一度も利用したことないなぁ、以前から利用してみようと思ってるんだけど忘れてしまう、襲撃が苛烈極まりない1.0rimworldにおいて切り札になるよねこれって。

随分と長いことプレイしてきたけども

2月から始めた今回の土地でのrimworldなんだけど3月後半になると流石に飽きてきてrimworldプレイ時間が短くなってきた、新しいコロニーを建築したくなってきた。だけど最近またやる気が復活してきてしまった、更にコロニーを巨大に発展させたい気分になった、それはいいんだけどもうrimworld内で700日以上経過しているし現実世界でも40日くらいはプレイしているし流石にrimworldプレイしすぎじゃないかと思うしまだ終わらなさそうだしちょっと色々な意味で不安になってきた。

まあとにかくまだ今のコロニーで続けます、更にコロニーを発展させる予定。これからやることは以前からずっと作りたかったけど放置していた浴室部屋と欲張り入植者さん向けの豪華な部屋の建築をする予定、そして北側の外壁を広げて冷蔵庫や食堂とかを一気に広げる予定です、まだまだ続くよ!

それと宇宙船なんだけど…どうすっかなー…これ悩んでます。どうせなら宇宙船脱出してもいいんだけどどうするかな、初めから永住する予定だったけど宇宙船発射の最後のラッシュ攻撃に僕のコロニーが耐えられるか試してみたい気持ちもあるな、またたくさんドラッグ作って備蓄してね…。