【Staxel】プレイ その2 町の住民と話してちょっとだけ建築した

前回貰ったおうちの中、物がほとんど無くて電気さえ通ってない感じで非常に殺風景ですねぇ、これから自分で内装を変えていくわけですね。

とりあえず室内に張っている蜘蛛の巣をハンマーで壊していって最低限綺麗に…だけど窓ガラスが割れてるのが気になるなこれを治せるのはいつになるかな。

町の中を探索しつつ住民と挨拶してみたり

新しい街に越してきたんだからやっぱり挨拶はしておかないとね?最初の印象って大事だからやっぱりこういうのは大切…ってことで町の中を探索しつつ挨拶をこなしてみます。

ネコ娘のリアさん、こういうけものっぽいキャラも居るみたいですねこのゲームは、とてもかわいらしい。

語尾にニャがついてたりしてあざとすぎる可愛さにすっかりこのネコ娘の事が好きになってしまいました、釣りがしたいとかなんとか言ってるけど将来釣りが出来る様になるのかな?

お店をやっているレイフくん、こんな平和で嫌なことも全く無さそうな町でもなんか暗い雰囲気を放っているウツっぽい男の子、頑張ってお店を経営してるみたいっすよ。

町長のおじさん、町長と言っても他のキャラと一緒でそこら辺歩いているだけのように見えるけど見えないところでは懸命に町の為に働いているのかも?

そして街の真ん中にいるよく分からない人?達、物を売ったり買い取ったりしてくれるらしいですよ、多分そこらにいる虫とか落ちているどんぐりとかも買い取ってくれるのかも、近づくと手を降ってくれて可愛い。

日が落ちてきたところなんですけどいい雰囲気で落ち着く、ネコ娘のリアさんがすたすた歩いていたんだけどただ歩いているだけでこのゲームのキャラクターは愛らしさを感じます、とっても良いです。

本格的に夜になって暗くなってきた…この町は昼間は平和そのものなんですが夜になると森の中から得体の知れない怪物が湧いてくるので夜の間はじっと家の中で静かに耐えないといけないのだ…ってのは冗談です、このゲームは夜になってもマインクラフトみたいにスケルトンやゾンビが湧いてきたりしないみたいですひたすら平和なゲームみたいですね。

でもどうしても夜になると不安をビンビン感じますよ!どうしてもおうちを外壁で囲ってその周りを更にウッドスパイクを敷き詰めてオートタレットを設置したくなる!7dtdのやり過ぎですねこれは…夜の森を探検できるようになるのは随分先になりそう。

建築にチャレンジしてみたけど、難しい!

このゲームの重要な要素である建築にチャレンジしてみる、アリザ姉さんに建築のイロハを教えてもらえるみたいだけど別に建築マスターまではなりたいとは思わないっす、まあ小屋を一から作れるくらいにはなりたいかな。

とりあえず動物を飼うための小屋を作るためにまず飼い葉桶(餌入れ)を作ってみます、ちゃんと作れるかな…。

木を斧で切ってきて原木を入手したんですけどこれをどうすればいいのかよくわからない!横で見てるアリザ姉さんの視線が痛いですねこんなことも出来ないの?的な…。

どうやらマインクラフトみたいに簡単に木のブロックに加工したり出来なくて色々と手順があるみたいです。

まず原木をのこぎりで切って木材に加工した後に更に加工するらしい…うっ…面倒くさい…。

加工した木材に更に釘などをお店から買ってやっとのことで空のかいばおけが完成…初歩的なことのはずなのにすごく大変だった、このゲームって可愛いキャラクターと世界にゆるりとした雰囲気が漂っているからライトな内容のゲームだと思ってたんだけど建築だけ見るとそうでもないのかも。

まだ殆どプレイしてないけどこれからある程度の規模の建物を作ったりしたくてもこの仕様だとかなり時間がかかりそうですね。

動物用の小屋を建てようと思っている場所にドスッと看板を建てるとそこが建築予定地になって足りないものとかが表示されます、ここらへんはとっても便利な感じ。

建築している途中に気づいたんですけどちゃんとプレイヤーの体が見えますね、いや大したことじゃないのかもしれないけどFPS視点でプレイヤーの体が見えるゲームって珍しいので。

とりあえず枠組みを作って空のかいばおけを置いたんだけどブロックが足りない!新しいブロックを作りたいんだけど今使っている色と同じブロックが作れなくて?どうすりゃいいのか分からない…もしかしたらただの勘違いかもしれないけどやっぱりブロックの色は揃えたいです…。

ブロックを作るためにも設計図をわざわざ購入しなくちゃいけないみたいだから何か想像してたよりもずっとシビアなゲームかもしれないこれ。

後は何が必要なのか看板を見て一応確認したら建築完了したことになっていた…えぇ…壁さえ全く無いんだけどこれでいいのか…まあいいか。

町長のおじさんはニコニコ笑顔でこんなこと言ってくれるけど嫌味にしか聞こえないですねこれは、まあとにかくもっとプレイしていきたいな、楽しい。どうしても1日を有効に使ってなるべき色々な作業をしたいって思ってしまうけどもっと楽にプレイして良いのかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク