ホラーゲームが怖すぎてプレイ出来ないってお話

今までそれなりに色々とホラーゲームをプレイしてきました、サイレンやサイレントヒルをプレイしたしホラーゲームじゃなくてもホラーゲーム並に怖いゲームなんかもプレイしてきました。まあそれはいいんですが最近ちょっと問題がある、以前プレイしたホラーゲームや新しいホラーゲームをプレイしようかなと思っても結局二の足を踏んでしまってプレイ出来てないんです、なぜって言ったら理由は簡単で怖いから!

僕は昔からビビりで怖いのが苦手なんですがそれでもホラーゲームは好きだったんですね、苦手だけど好きっていうあれですね…それは今も変わらないんですがどうも以前よりもホラーゲームをプレイするのを躊躇してしまう…最近だとサイコブレイク2がセールでいきなり安くなったので買おうかと思ったんだけど結局買えなかったなぁ。
なぜかと言えば多分昔に比べて新しいゲームをしたいっていう気持ちと実際にホラーゲームをプレイしたら感じるであろう恐怖や不安が後者の方が勝ってしまっているんですねぇ多分…ホラーゲームなんだから怖くていいんですけどそれでも怖くて駄目!ってなってしまう。
それとSteamを利用するようになって安く大量にゲームが手に入るようになったことも大きいかもしれない他にプレイするゲームなんて大量にあるからね、わざわざホラーゲームを買って怖い思いしなくてもいいんじゃない…って思ってしまう。

そしてこれ最近思うようになったんですけど僕ってもしかしたら他の人たちよりも以前から自分で思っていたよりも怖がりなのかもしれない…いや怖がりなのかもしれないじゃなくて怖がりなんですよ実際、ホラーゲームは好むけど超ビビり!
PS2で発売されたサイレンとかわりと最近だとバイオハザード7とかの書き込みを読んでいるとたまに最初は怖かったけど何度も死にすぎて怖くなくなった!後半は敵に慣れて怖くなくなった!…みたいな書き込みがあるんですが全く分からない感覚!いやいや何度死んでも怖いよ!少なくとも僕は…これってやっぱりビビりだからなんじゃないのかなとふと思った。

日本のホラーゲーム以外だとS.T.A.L.K.E.Rシリーズなんかがメチャクチャ怖かったのが覚えているなぁ、あれはホラーゲームではないかもしれないけどホラーゲーム並に怖かった…地下に潜ったり透明の敵と戦ったりね、夜中に真っ暗な場所を探索する恐怖っていったらヤバかったねマジで。

海外にも怖いゲームはたくさんあるのは知っているけどそれでもやっぱり日本のホラーゲームもとっても怖いなと最近思う、海外のホラゲーは安易なビックリ系のやつが多いですからね…何ていうか日本のホラーゲームみたいなにじり寄ってくるような何もせずにじっとしていても怖いってのが無い気がする、要するにサイレンやサイレントヒルの続編早く!って事。

それにしても大人になれば幽霊なんて怖くなくなるなんて子供のときに漠然と思っていたけど結局全くそんなことなかったな、少なくとも僕は。というか逆に子供のときよりも悪い意味で想像力が豊かになって実際にゲームをプレイする前から怖そうなシーンのスクリーンショットや動画を思い出して心臓がちょっとバクバクしたりする…自分でも驚くくらいのビビりでちょっと自分で苦笑してしまう、まあ逆に言えば大人になっても純粋にホラーゲームを怖がってプレイ出来るってことでもありますかねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク