Stardew Valley プレイその1 農業ほのぼのゲーの始まり

気になっていたゲームをやっとプレイ出来た~去年のウィンターセールのときに購入してずっと放置していたけど最近公式に日本語化されたって聞いたのでプレイしてみた!

言語設定はゲーム内から出来ました、ちゃんと日本語が入っていて問題なし。

Stardew Valleyを始める前に色々と決めなくちゃいけないみたい。名前は適当に「くろの」にしてみた、意味は特にないです、牧場名もこれまた適当。お気に入りのものはよくわかんなかったけどまあゲームが好きだしゲームにしてみた。

プレイマップ?は一番初心者向けに見えたスタンダードを設定、多分これで良し!

オープニングが始まりました、おじいちゃんに手紙を渡されたって話みたい。

時は流れて数十年後?多分主人公の職場…壁にjojaって書いてあるけど務めている会社名かな?

何とも言えない陰鬱とした雰囲気が伝わってきますねぇこれは…何かデスクにでっかく解雇って書いてあるけどわざわざ書く意味はなんですかね?そしてその隣の席に何かトイストーリーのウッディみたいなのがいてちょっと面白い、しかもすっごい笑顔だし。

主人公のくろのが居ました、そして何か白骨死体が見える…どう考えても100%ブラック企業だわこの職場。

たまらず昔おじいちゃんから貰った手紙を読むくろの、おうおうさっさと職場に白骨死体があるようなブラック企業辞めちまえ!

バスに乗って手紙に書いてあった「スターデューバレー」に向かう、なるほどゲームのタイトルが村の名前なんだね。

スターデューバレーに到着!うあ~ドット絵がすごい綺麗でいい…。

早速コロッケ牧場に案内されるんだけどご覧の有様で荒れ放題!それにしてもくろのの驚き方が可愛くて何か好き。

とにかくこの場所を開拓していくのがこのゲームの目的だよね多分、今は小さいこの家も大きくしていけたりするのかな?

とりあえず牧場内のお掃除を始めよう、最初から斧とかツルハシみたいなクラフターの必須ツールは所持しているみたい。

木を切ったり

雑草を刈ったりするくろの、まだ牧場がどれだけの大きさなのかも把握してない、お掃除は多分まだまだ続きそうだわこれは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク