7 Days To Die 43日目

篭もる部屋を1つ選んでブロックで塞いでみました、ここは市街地で治安が悪いこともあってやっぱり怖い…いくら病院の上階とはいえやっぱり怖い。

やっと朝が来たので探索を再開、果たして今日1日で病院全体の探索を終えられるのだろうか。

いきなり見たことない物を発見、クラフト台みたいなものみたいだけど薬とかの調合に使うみたいですね、クラフト台はレンチで回収出来るって聞いたからこれもそう出来るかもしれないとレンチを使ってみたら…

ちゃんと入手出来た!まだ何に使うのかよく分からないけどとにかく有用なのは間違いないからもちろん貰っていく。

病院内にナースゾンビさんがいた、ここは病院なのでやっぱりゾンビとはいえ自然な感じがしますね、というか考えてみたら外にナースゾンビさん居すぎなんじゃないかな。外にいるのはナースのコスプレしたゾンビだったりして。

何かテラス的なところ、景色も良いし世界が終わってさえいなければいいところだったんじゃないかな。

まだ殆ど調べられていないけど荷物がいっぱいでどうにもならなくなったから一旦帰ることにした…まだほぼ調べてないのに帰らなくちゃいけないのが悲しいなぁ…バイク欲しいなバイクがあれば一気に色々と便利になる。

拾ってきた薬台を設置した、結構デカイ。何がクラフト出来るか見てみると…抹茶サンド10枚でカビたパン1つが作れる…一体何が起こってそうなるんですかね?というかカビたパンなんてクラフトしてどうするのかと思って色々と見てみたらどうやら抗ウイルス薬を作るためにカビたパンが必要らしい初めて知った。

これまでなんとなく溜め込んできたカビたパンや抹茶サンドがやっと活用出来るみたいようですね!これらのアイテムは何かキモいから腐肉と一緒に便器の中に押し込んでいた。

コーンブレッドを使ってバイオエタノールを作れるみたいだから作ってみる、まあガソリン自体まだ使ってないから意味はないけどこれでこの薬台を使って色々と出来ることが分かったので良かった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク