Google Playカードのコード部分まで削ってしまった話

普段プレイしているソシャゲにちょっとだけ課金しようと思ってGoogle Playギフトカードを購入しました、1500円分だけチャージできる一番安いやつです、クレジットカードで課金してもいいんですけどクレジットカードだと目当てのキャラクターとか武器が手に入らなかったとき見境なく課金して暴走してしまうんじゃないかっていう不安があったのであえてギフトカードで課金してます…。

まあそれはいいんですがとにかくGoogle Playのギフトカードを1枚購入したわけです、家に帰ってきて早速自分のアカウントにチャージしようと思ってカードの後ろの銀色のスクラッチする部分を削ります…コインでやるのが普通何でしょうけど僕はたまたま目についたハサミを使ってガリガリと削ってしまったんです…これが本当に大失敗でした…。
もちろん刃の部分で削ったわけじゃないんですけどハサミなんでコインとかと比べれば横の部分とかも鋭いんですね、それはやる前から分かってたんですけど深く考えずにガリガリとやったんですけどどうもうまく削れないんでもっとガリガリやったらいつのまにかこんな具合になってました。

あががががが…

最初に書いたとおりたった1500円のギフトカードなんですけどそれでも血の気が引きましたよマジで、どれだけコードを凝視して書いてあるコードを判別しようとしても何が書かれているのかさっぱり分からない!読めない!どうしてもわからないのが最初の一桁目と二桁目で他の部分はなんとか何が書かれていたのか分かったのでわからない部分のコードは適当に入力してみてどうにかなるか試してみたんですがそりゃあなんとかならなかった、いやいつか当たるかもしれないけどロックアウトされたりやり過ぎたら不審に思われてアカウントごと凍結されたりするんじゃないかと思ってそのやり方は諦めた。

そんなわけでGoogleに問い合わせてみました、つか最初からこれで良かった。

コードを読み取れない

カード本体とレシートが必要って書いてあるんですが今回たまたまGoogle Playカードを買ったときのレシートをポケットにそのまま入れてあって非常に助かった!いつもならすぐに捨ててしまうことが多いんですけどね、今回はなんとなくとっておいたんですよ!

そんな訳で削れてしまったGoogle Playカードとレシートを写真に撮って上のリンクから問い合わせてみました、1営業日から2営業日で返事が来るって書いてあったんですが午後の8時にメールを送って翌日の午前10時にメールの返信があってちゃんと新しいコードを再発行してもらえました!…いやー良かった…たった1500円だけど無駄にせずに済んで良かった…それにしても流石の天下のGoogle様ですねぇ、問い合わせからの返事までの迅速さっていったらすごいですよマジで。

今回は運良く買ったときのレシートがあったから良かったんですけどレシートが無い場合も十分考えられました、もしレシートが無かったらどうなってたんでしょうかねぇ…?今回の対応の速さから考えてみるとレシートが無くても購入した店舗名とかを書けばなんとかなったりするのかも?いや想像なので実際にどうなのかは分かりませんけどね。

こんな事になったのでもうGoogle Playカードには懲り懲りだ~…みたいに思ってたんですけどまあ考えてみたら僕のやり方が悪かったせいでもあるし別にこれからもソシャゲなんかに課金する時はこのやり方でいいかな、さっき書いたとおりやっぱりクレジットカードで課金すると歯止めが効かなくなりそうなので…まあとにかくスクラッチするときには気をつけましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク